機械修理・メンテナンス

茂呂製作所の修理部門は、創業当時に水道用ポンプやモーターの修理からスタートしました。
当時からお付き合いいただいている松下電器様とFANUC様に育てていただき、今では産業用設備や量産製造ライン・物流センターなどの周辺機器全般を含め、メーカーや業界、製造国を問わず対応させていただいております。

なぜ他社製機械を茂呂製作所が修理できるのか?

その理由は「見れば機械の構造を理解できるから」です。

創業から50年以上、お客様の機械に真剣に向き合ってきました。
様々な理由で困り果てて、ネット検索などで当社にたどり着き、お試しで電話をいただいたお客様に対して「少しでも何かできないか」と考えてきた結果です。
多くのお客様が「メーカーが無くなってしまった」「メーカーがすぐ来ることができない」とお困りです。
その都度メーカー様の代理となるべく、見たことが無い・経験がない機械の修理に挑戦し続けた結果が、現在の実力の全てになります。
その経験の多さからメーカー様との連携の取り方を学び、多くのメーカー様との関係性があり、現在はメーカー様からの依頼を受けることも増えてきました。

修理を完璧にできるのは、その機械を創った人=メーカー様しかありえません。
しかし機械は全て機械要素などの組み合わせで成り立っているものであって、あくまでも人が作ったものですから、熟練技術者が蓋を開けて見て・考えて・調べて・探ることで理解することは可能です。

  • どのような理由でこのモーターで動かしているのか?
  • なぜこのエアーシリンダーで昇降させているのか?
  • それを繋ぐチェーンの大きさの理由は?

技術のある方であればこの文面を読んでいただいて「なるほどね!」と思われたのではないでしょうか。

茂呂製作所の修理完了率は70%程度です。
しかし修理依頼をいただいたお客様からの評価(満足度)は98%です。
その理由は言葉では表せませんが、継続して真摯に対応してきた結果と様々なメーカー様との繋がりがあるからだと思います。

「信頼してください」とは言いません。
まずはお試しいただきたいと思います。

機械修理に対する初動の早さを大切にしています

ユーザー様が知りたいことは「いつ直るのか」「いくらかかるのか」。

そのための最初の一歩として、少しでも早く状況を確認すること。
故障状況と原因が分かれば修理方法がわかり、メーカー様があればそのことを正確に伝えられます。
自社で修理する場合でも、対応準備が万全に整い、その結果はいつまでに・どのように・費用はいくらなどの予測が立てられます。

20年前から常に「納期日本一」を目指しておりました。
その理由は、生産停止で困っているお客様と共に、生産停止時間を少しでも短くするために創意工夫してきた結果です。
機械を使うユーザー様と機械を製造したメーカー様の両方に役立ちたいと考えています。

茂呂製作所では初動の早さを実現するための体制を組み、お客様の緊急対応要請に備えています。

  • 機械サービス専用人員:8名
  • 機械加工優先担当人員:6名
  • 保有車両:計8台 うち3台はメンテナンスカー(一般工具類など300種常備)

また、スマートグラスを使った「オンライン機械修理」を機械メンテナンス業界で初めて採用いたしました。

茂呂製作所の修理技術力

人材育成に対する力の入れ具合には自信があります。

茂呂製作所は世界規模の飲料メーカー・酒類メーカー・菓子類メーカー・ロボット/モーターメーカー様から、技術力の高さとその対応の速さに対して高い評価をいただいております。
これらのメーカー様とは直接口座を持ち、継続的にお付き合いいただいています。

修理・保全部門の担当者様からは日頃の定期保全業務についての相談をいただき、オーバーホール・レトロフィットの提案を行います。
急に機械が壊れた時の緊急対応についても「まずは茂呂製作所に相談」とご連絡いただき、迅速にお応えしています。
その対応数は年間にすると相当数になります。

  • 相談数:3,500件
  • 機械修理対応:230件
  • 定期保全対応:6,720時間

この多くの相談/修理依頼にお応えするために常にOJTを行い技術者育成に注力しています。
人材育成・技術継承については「ブログ:人材育成実績」をご覧ください。
その結果、2010年は「従業員数14名・平均年齢45歳」に対して、2021年は「従業員数28名・平均年齢37歳」と年々若返りが進んでいます。
国内の上場企業製造業における平均年齢は41.7歳
これは熟練技術者がしっかり若手を指導して成長してもらっている証です。
取り組みとして「大手企業並みの新入社員研修」「月1回以上の社内勉強会」「資格取得制度と人事考課制度による明確な評価」を行っています。

そして修理業務の基本として、作業人員2名(以上)体制を維持して若い技術者に多くの修理作業を体験させることで、少しでも早く様々な技能を身につけることを重視しております。
お客様には2名体制の意味をご理解いただき、お客様と共に成長させていただいています。
このように永続的にマンパワーを増やし技術を継承していることで、お客様から継続して業務依頼をいただくための安心を作り続けています。

遠方のお客様への対応

ネットワークとテクノロジーを活かし、遠方からのご依頼にも、可能な限り対応いたします。

インターネットの発達で当社の拠点(山梨・埼玉・大阪・タイ)から遠い地域のお客様に茂呂製作所を知っていただくことが増えましたが、茂呂製作所としては片道2.5時間以上の移動を要するご依頼をお断りしていました。
その理由は、長時間の移動+作業を行う場合の技術者の苦労に対して、お客様の満足度が比例しないことがあげられます。しかし、せっかくいただいたお客様からのお声がけを無下にお断りしたくないという思いから、「機械修理.com」との連携と、スマートグラスを活用したオンライン機械修理を推進しており、国内にとどまらず、遠くはフィリピンやタイ、ベトナムのお客様への修理対応なども行っております。

個人様からのご相談・ご依頼もお受けします

機械に対する愛情は、企業様でも個人様でも違いはありません。

DIYなどが流行ったり、小さなお店で個別に機器を購入したりと、様々な機械器具を企業でなくともお持ちになることは珍しくありません。
茂呂製作所はこれまでも個人のお客様からのご相談に対しても誠心誠意お応えしてまいりました。

ただし……修理というのは購入することよりその費用が掛かるケースがあることを、個人様にご理解いただけないことがあります。
費用がかかる理由は、機械を製造するときは大量生産を行うことで製造コストを抑えられますが、1台だけを分解・組立をするということはその生産をするのと変わらない作業であり、大量生産=コストの分散に対して1台だけに全てのコストが掛かってしまうからです。
目安として機械器具を購入した金額の50%は想定してください。

「絶対に直したい!修理費用の問題ではない」という覚悟が必要となりますが、そのようなお客様のためには茂呂製作所は一切手を抜かず、ご要望を叶えるために全力で対応いたします。

実績紹介について

お見せできるものはすべて公開します。

茂呂製作所の最大の弱点は、お客様との守秘義務を守るために「○○機械を△△のように修理した経験がある」ことを「写真や動画」でお見せできないものが多々ある事です。
よって多くの実績をWebサイトで公開することはできませんが、その中でも可能な範囲で公開させていただいています。
茂呂製作所の実績のすべてではありませんが、現場のスタッフが全力で取り組んでいることをご理解いただけるかと思います。
ぜひ一度ご覧ください。

ブログ:修理・メンテナンス実績

修理費用について

適正価格で最高の対応を目指しています。

茂呂製作所の修理業務に対する費用は、安くはありませんが高くもありません。
以下の費用を頂くこととなりますが、ご相談にのることも可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

  1. 修理技術費(55年培ってきた経験、技能や修理に関係する製図など)
  2. 修理作業費(実際に行う作業、打ち合わせ)
  3. 緊急対応費 or 特急対応費(緊急は「今すぐ」・特急は「当日」もしくは翌日)
  4. 交換用部品費(破損部品があり、こちらで購入した場合および選定した場合)
  5. 消耗部材費(作業時に使用することで消耗するウェスや防護服など)
  6. オンライン機器使用料(スマートグラスやポケットWiFiの使用および通信費)
  7. 移動交通費・宿泊費(エンジニアの拘束、車両費や交通費等の実費)
  8. 資料等作成・提出費(報告書等の作成、図面等の提出)
  9. 機械・資材等の運搬費(重量運搬等や特殊車両などを使用する場合)
  10. 諸経費(事務手数料など)

と、分類されます。

また茂呂製作所には保全・メンテナンスの年間契約があります。
お気軽にご相談ください。

機械戦士メンテマン&メンテちゃん

茂呂製作所が現場のヒーローと呼ばれるように。

茂呂製作所に所属する機械修理界のスーパーマンであるメンテマンとメンテちゃんは、技術者志望の方が目指すべき理想の姿として今日も世界を飛び回っています。

生産ラインがストップしないよう見回り、故障しそうな機械を見つけたらそれを保全し、ストップしてしまった機械があれば緊急修理をする頼もしいヒーロー&ヒロインです。

ヒーロー&ヒロイン「2名」いる理由

茂呂製作所では「機械修理は2名以上で行うこと!」を徹底しています。

  • 周囲の安全を互いに確認し合うなどの安全第一を守るため
  • ベテランエンジニアが若手エンジニアに実作業を通して指導するため(技術継承)
  • 「三人寄れば文殊の知恵」に似たことで知識不足や経験不足を補い合うため

併せてご理解をいただくとともに、メンテマン&メンテちゃんをどうぞよろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ぜひ他のページも閲覧ください。

修理ご希望の方にオンライン診断実施中!