部品加工

①円筒形状( フランジ・パイプ・ノズル )を技術・技能を駆使して加工します。

創業から続く旋盤技術に自信があります。機械による自動加工と、音・匂い・見た目、手触り、長年の感による昔ながらの職人の技(手加工)… その両方で高い技術力を保有するのが、茂呂製作所です。
フランジ形状・パイプ形状・ノズル形状に関しては特に自信がございます。

これまでに加工した製品は https://www.nc-net.or.jp/company/45600/product/ にて紹介しております。

技術者の作業風景①
技術者の作業風景②
技術者の作業風景③

②丸もの~角もの 社内で一貫対応が可能です。

2020年2月には「高精度複合旋盤 Mazak社 QUICK TURN 350MA」を導入致しました。これにより丸ものから角ものを同時加工することも出来るようになりました。また高精度の加工にも対応が可能となり、日々のOJTにて生産率をさらに上げて稼働しております。
角ものの加工では同じ大型の横型マシニングセンターを2台保有して合理化を図っております。大型プレート・大型製缶構造品の加工・マニホールド・油圧プレートを得意としております。

その他保有設備に関しましては、https://moross.co.jp/facility/ をご覧ください。

マシニングセンタを操作する作業員①
マシニングセンタを操作する作業員②

③単品・少量のご対応( 研究・開発・試作支援 )

茂呂製作所は製造ラインでの大量生産ではなく、職人による単品(少量)製作を得意としています。自動機より汎用機を多く保有している理由はそこにあります。
段取りやプログラミングが要らないので加工スタートが早いのも特徴です。単品での製作はなかなか請け負ってくださる会社が少ないと聞きます。
研究機器用などの試作品の製作など、「1個~少量で製作をしたい」という場面はあるかと思います。是非、弊社にご相談ください。

製作した試作品の事例
電話対応するスタッフ

短納期対応「納期日本一の実現」

茂呂製作所には機械修理部門があり、お客様からの「機械が壊れた!」というお困りごとに対して日々緊急対応を行っている関係で、その際の部品を応急的に製作することが可能です。

修理を担当しているサービス部の全員が機械加工をすることが可能なことが、短納期でのご対応ができる大きな理由となっております。

また、材料についても一般的に使われやすい材料を在庫で持ち、特殊な材料においては長年協力いただいている材料問屋さんの在庫から、いつ何時でも出荷いただける体制を整えていることも対応強化につながっています。

加えて、オンラインによる遠隔指導により、部品の加工方法などを遠隔地から指導することで納期などの短縮もできると考えております。

お客様の希望納期に向けて作業する作業員①
お客様の希望納期に向けて作業する作業員②

特急対応・緊急対応「年中無休を目指して!」

「いつ困るか分からないお客様のために」を常に考えて

契約いただいているお客様、修理業者様向けに休日であっても、部品製造部・サービス部が当番制で必ず誰かが対応できる体制を整えております。
例えば「休日に機械が故障してしまい生産が止まっています、しかし交換する部品が無い……」といった場合や、「普段加工や修理をお願いしているところがお休みで対応してくれない……」
そんな時には、ぜひ弊社にご相談ください。

休日対応する従業員①
休日対応する従業員②

もしも、弊社が納めた製品で不良が発生してしまった場合

不良が発生しないように万全の管理体制で臨んでおりますが、もしも発生してしまった場合は即日対応させていただきます。
材料・部品を一定数、必ず社内で確保しておりますのでお客様からご連絡をいただいてから材料発注をするといった手間を省き、すぐに再加工に入ることができる仕組みづくりをしております。
この仕組みづくりは短納期・緊急対応が可能であることにもつながっています。お客様に評価いただける喜びをさらなる力として、今後もお役に立ってまいります。

社内で綿密にミーティングを行っているところ
製品をチェックしているところ

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ぜひ他のページも閲覧ください。

修理ご希望の方にオンライン診断実施中!