位置決めピン 回転止めブロック キー

価値観は様々です。
モノの使い方もいろいろあるので、当社は柔軟に対応したいと考えます。

しかし、やはり当社がお客様に提供したいサービスとは異なるときにどうしていくか!
ここがとても悩みどころです。

頼れるサービスメーカーとして「期待にこたえる」のか。

お客様の信頼を得続けるために「違う」と提案、提言して時にはお断りするのか。

当社は繰り返し精度の良さが最大の特徴です。
よってキー溝とそのキー、位置決めピンやその穴に対する考え方はとてもシビアです。

しかし先日、とあるお客様にキーなんて数値0と数値0ではなくそもそも差があるのだから、ずらすことの出来ないキーなんか使わないでくれと指摘され、已む無く「小さくて緩めのキー」に変更をした案件があります。

今後このような場合、当社はどう対応していくのか!?

当社が未来に向かうために重要な選択をしなくてはならないと、岐路に立たされている気がします。

BY メンテマン

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ぜひ他のページも閲覧ください。

修理ご希望の方にオンライン診断実施中!