ロットナンバー印字機の設計製作

ロットナンバー、2次元コード、バーコードなどをレーザー印字する自動機を設計製作いたしました。

部品の品質管理のために

お客様は生産する大量の部品を品質管理するために、製品1こづつにロットナンバーをつけて管理することは出来ないかと考え、御相談を頂いた事がキッカケで本機を製造することになりました。

同時に多数の印刷を実現

今回は多数個を同時に印字する仕様として治具を搭載する形になっています。
印字を行っている間にもう1台の治具の品物を付け替える「セル生産方式」で、ムダの無いサイクルタイムを実現しています。
産業用ロボットと融合させることで長時間の自動化も可能となります。

安全対策も万全です

人体に有害なヒュームは集塵機をつけることで対策しています。

また自動開閉式シャッターと安全ライトカーテンをつけて安全対策も万全です。

直接テーブルに品物を固定することで最大300mm×300mmまで印字が可能となります。

印字用のヘッドを変更すれば(仕様変更)品物の材質を問わず、印字する面は曲面でも対応可能になります。

製造する部品にロットナンバーなどを付けて管理したいメーカー様、品質管理をする担当者様、商品を販売するときに情報発信をするためのQRコードを付けたいなどに最適です!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
ぜひ他のページも閲覧ください。

修理ご希望の方にオンライン診断実施中!